脱毛前後にジェルやローションを塗る理由|栄で全身脱毛

全身や局部の施術をする上で、ジェル(ローションなども)は欠かせない存在です。
ジェル状のものを塗布することによってフラッシュ脱毛器の光から肌を守れます。
丸の内栄駅近くのジェイエステティックでは照射する前にジェルは塗りませんが、施術後にヒアルロン酸入りのトリートメントを塗ってもらえます。

このように栄では施術の前後にサロン側でジェルを塗ってくれるところが殆どです。
その塗布されるジェルやローションにはどのような役割があるのでしょうか?
もっと掘り下げてみましょう。

理由は2つあり、冒頭申し上げたジェルで保湿して熱から肌を守ること、そして肌表面を冷やすことの2点です。
保湿、保冷効果によってマシンの熱のダメージから肌を守ります。
また乾燥している肌にはレーザーの強い光を照射をすると脱毛後の肌の見栄えがよくないと言われていますから、保湿の意味も充分あります。

さらに肌表面を冷やすということに関していえば、もし肌にジェルを塗らず脱毛器で照射すると、肌がレーザーの熱に負けて、痛みを感じる、もしくはヤケド状態になってしまうことがあります。
その対処として施術中は皮膚を保護するのはもちろんのこと、施術後にもアフターケアとしてクールダウンさせるためにジェルを塗って肌を冷やすことになっています。
一方でジェルを使わない脱毛マシンというものもあります。
しかしこのようなマシンは脱毛器自体に冷却装置が備わっているので、除毛しながら肌を冷やすという方法になっています。

ジェルを塗るサロンと塗らないサロンを比較すると、塗っているサロンのほうが痛みは少ないことは間違いなく、かつ施術自体の作業が丁寧に感じます。
またアフターケアで塗ってくれるトリートメントなどによっては、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが入った美容ジェルとしても使われる美肌を実現出来るジェルを塗って、綺麗な肌に導いてくれるサロンもありますから、ジェルを塗るというお店を見つけたらそこはもうオススメ店だと思います。

その代表と言えるのが栄矢場町駅近くにあるミュゼプラチナムではないでしょうか。
ミュゼではジェルを使って除毛する脱毛方法、→スムーススキンコントロール(省略してS.S.C)をメインに施術を行っています。
当たり前ですが、他のエステサロンと比べて肌の仕上がりがスベスベです。
その日のお風呂もヒリヒリした痛みが軽減され、湯上りに対象の足に丸い水滴が残っていたのを見たときはミュゼ信者になりましたね。

皆様もジェルを塗ってくれるエステをぜひ、と言いたいところですが、ジェル状のものを塗られることに違和感をいだく方もおられると思いますので、無理には勧めていません。
共感を抱いた方はぜひそのようなエステ店を選ばれてはいかがでしょうか。